chaya madonna
京都・一念坂の地で愛された喫茶店「真呑奈(マドンナ)」のリニューアルプロジェクト。
親しまれた名前を大切に残したいというオーナーの想いから、その名を受け継ぐコンセプト・ロゴを提案。
マドンナは憧れの美しい人という意味をもつため、「きょうを、うつくしく」をコンセプトとし、日本の美しい女性として舞妓さんをイメージしたロゴマークを作成。
小さなどらやき「おちょぼどら」が看板商品となるため、ロゴマークはどら焼きの形状でもある円形を組み合わせて構成し、ミニマルで記憶に残りやすい表現を目指した。
京を美しくというメッセージも込め、紙ストローの採用など環境にも配慮した店作りを目指す。
​​​​​​​
Back to Top