プルミエメ|premier mai
“はじまり”をコンセプトに、ちょっとよそゆきの朝ごはんを提供するカフェ「プルミエメ」が東京の奥渋エリアにオープンしました。コンセプト企画、ロゴなどのグラフィックデザイン、WEBデザインを担当しました。

photo:Misaki Kawabe (3,4,5,6,8)

プルミエメはフランス語ですずらんの日でもある5月1日(Le premier mai)を意味した造語です。フランスではその日、幸福が訪れるようにとすずらんの花を贈る風習があります。またプルミエメ代表のすず。さんの名前にもちなんでいます。
5月1日、その昔のヨーロッパでは花冠を贈る風習があったことから、幸せの象徴であるすずらんを花冠や朝日を連想させる円形に配し、訪れた方の「はじまり」に幸せが訪れ、つづいていくようにと願いを込めました。
また日本では3本締めという三拍子を3回と、最後に1回手をうつ手締めの文化があります。それは三×三=「九」に、点を一つ打つと漢字の「丸」になることから、「丸くおさまる」ことに感謝するものです。そこからヒントを得て、すずらんの花は3つずつとし、新たなはじまりが三拍子でうまくいくようにという想いも込めています。
Client & Director | 合同会社SUZU(SUZU PR COMPANY)
Interior Design|Tadahiro Butsugan (ABOUT)
Graphic Design | Sakiko Nagasuna (SUNA)

Back to Top